ドライガーデン

 

少し前からサボテンにはまり、ドライガーデンを作ろう!

と思い、少しずつ植物を集め、ついにドライガーデンの裏庭が完成しそうです(*‘∀‘)!!

買い付け、レイアウトから石材まで、自分たちで選び、造り上げました。

少しずつ変わっていく裏庭にワクワクしました♪

まだまだサボテンを植える予定なので完成をお楽しみにしてください!

 

 手前がアガベ・アングスティフォリア、奥がアオノリュウゼツランという植物です。

(間違えていたらすみません;;)

何十年に1度開花すると言われていて、地植えだと2~3mくらい巨大化します。。

実際成長したアオノリュウゼツランを見たことありますが迫力ありすぎて怖いですね。(笑)

なので、鉢ごと地面に植えました。

どれもトゲや葉先が尖っているので縫い針並みに痛いです・・;;

ですが不思議とトゲトゲしているものに魅力を感じる高野です。

 

 

ところで、ドライガーデンってご存知ですか??


ドライガーデンは、砂利や石材など敷き乾いたイメージを作り、

手のかからない、乾燥地帯の植物(サボテンなど)のような水をほとんど必要としない植物で

レイアウトするガーデンです。 とてもお手入れが簡単な植物なので、

植物初心者の方でも簡単に始められます。


 

金鯱サボテンはドライガーデンではよく使われる定番な植物です。

かなり危険ですが、とても大きくて迫力あります。

20年以上成長すると種がでて来るそうですよ。

 

他にもユッカロストラータと呼ばれる植物やドラセナ、ヤシやソテツなど

好きな植物で自分だけのドライガーデンをDIYして楽しみましょう♪